ファング トリガー。 ファングトリガー (ふぁんぐとりがー)とは【ピクシブ百科事典】

トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

主力のハイドロジェット1基と、サブハイドロジェット2基から強力な水流を後方に噴出して推進力を得る。 仮面ライダーバトルに参戦してから10年。 直径2mmの黄色のワイヤーで編みこまれた粘着ネットを射出できるようになる。

19
トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

デザインモチーフは「様々なビークルのパーツの寄せ集め」である。

トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

2人は悪人が「仮面ライダー」を名乗ることに憤ったり、井坂への憎しみに囚われた竜を諭す際にも引き合いに出すなど、「仮面ライダー」の称号とその在り方に誇りを持っている。 複数のメモリの力を収束させる能力を備え 、ベルトのマキシマムスロットに装填してマキシマムドライブを発動することで翔太郎とフィリップのシンクロ率を極限まで高めることが可能。

4
トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

第29話のの中に現れるナイトメアドーパントを誘き出すべくダブルに変身して眠った翔太郎の夢の中では、前日に翔太郎が徹夜して鑑賞した、『風の佐平次』の影響で背景が時代劇となっており、それによって変身の際に形自体はメモリだが、ジョーカーのイニシャルと「切り札」の文字が描かれた木札が登場した。

トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

。 ライブモードと メモリモードの2つの姿を持ち、プラチナ端子であるため、ソウルメモリに該当する。 小説初登場のライダー [ ] 仮面ライダーサイクロン [ ] フィリップが ロストドライバーに サイクロンメモリを装填して単独変身する仮面ライダー。

13
トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

テレビシリーズでは最終話のみの登場に終わったが、フィリップ復活までの1年間に翔太郎はたびたび変身していた。 ワイヤーを射出することも可能。 スタッグシャフトモード ガジェットマウントにスタッグフォン ライブモードをドッキングさせた形態。

14
トリガー ファング トリガー ファング トリガー ファング

フィリップが危険に迫られた時は翔太郎に連絡等してダブルドライバーを装着してもらう必要があり、通常のWのフォームやCJXに切り替えるにも変身を一旦解除する必要がある。 固有能力「牙の記憶」により防御力を犠牲にスピードと攻撃力を上昇させることができる。