女性 蔑視 読み。 経団連中西会長 女性蔑視は“日本社会の本音”発言に批判殺到 (2021年2月9日)

蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

全文を読まれた方でも批判されている理由の一つに、森さんが持ち上げたつもりの組織委員会の女性理事についても「わきまえておられる」と述べたあたりに、男尊女卑の価値観がにじみ出ているというものがあります。

6
蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

組織委員会のトップがそのポリシーを理解していないことに向けられた批判を、「日本社会の本音」や「SNSは恐ろしい」と軽くあしらった中西会長。 内容によらず。

13
蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

女性蔑視は発言した本人だけではなく、それを見過ごしてきた私たち社会全体の問題でもあるという認識も広がりつつあるように思います。 文化の違いの問題でもなければスキャンダルでもない ジェンダー問題を語るとき、どうしても欧米の例を引くことが多くなりますが、それは、欧米の国々が先を行っている為であって、男女平等は欧米の特有な文化なわけではなく、国際社会が目指している理想です。 このことは、女性差別の問題だけではなく、LGBT、人種や民族などに基づく差別に対しても同様です。

4
蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

(中略)誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります」 そして、とどのつまり次のような発言が飛び出しました。 各メディアによると経団連会長の中西宏明氏(74、日立製作所会長)は、2月8日の定例記者会見で森会長の発言について「コメントは控える」と回避。

蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

「すでに8割の国民が(世論調査で)五輪の中止や延期を望んでいるなか、組織委の新たな悩みの種となっている」と伝えた。 異性関係やお金に関わるスキャンダルとは全く次元の違う次元で問題視されるのです。

10
蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

「女の意見などたいしたことはない」「女は競争意識で発言しているだけだ」という思い込みがあれば、真剣に耳を傾けようとは思わず、長く感じるかもしれませんが、異なる立場の人の意見には、多くの気づきがあるものです。 この問題を巡っては、森氏が差別発言を行った際に会合参加者から笑い声が上がったことや、政府・与党から森氏をかばう言動が相次いだこと、さらには後任として、同じく高齢男性である川淵三郎氏への「禅譲」が図られたことも国内外のひんしゅくを買った。 ときに「息苦しい」と男性が思ってしまう風潮だが、肯定したい。

蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性 蔑視 読み 女性

五輪憲章はいかなる種類の差別も禁じ、女性の地位向上の促進もうたっています。 筆者の経験から言えば、このような発言に対して寄せられた批判について「それくらいの失言は許してやれよ」という考えかというと、まったく違う。

9