ご配慮いただきありがとうございます。 温かいお心遣い|#話術.com

ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます

ご検討は相手に対して、「いかがなさいますか」と投げかけるのに近い意味を持っています。 また「お心遣い」なども同じです。

5
ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます

メールはあとに残るものですし、他人に見せることもできます。 「ご考慮お願いします」とはっきりと申し入れを言い切ることで、してくださいというニュアンスが含まれます。 ご配慮ありがとうございます、は敬語になりますので自分より上の立場の方に使う言葉です。

ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます

これらのことから意味は同じなのですが、配慮をいただく人は自分であり、配慮をする人が相手であるという言動の主体者に違いがあります。 これらのことからご配慮いただき・くださりの違う所は誰の視点で述べられたかであると言えます。

16
ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます

お気遣いありがとうございますと言う時の、体調不良のことや、順調でないことに対して心配してもらった時の相手の行動や言葉に対してお礼の意味を含んでいます。 もう一方のご配慮くださりという表現は、相手の視点で述べられた表現ですので、「くださる」という尊敬語が使われています。 いつもこんな私を支えてくれてありがとう• 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。

14
ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます

今までありがとう• いろいろご配慮いただきまして誠にありがとうございます。 使い方としては 「スケジュールがタイトですので、時間厳守をしていただくようご考慮ください」 などがあります。 これは日本の文化ならではの表現であり、相手への気使いという面ではご考慮と同じですが、意味や使い方は異なります。

ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます ご配慮いただきありがとうございます

不要の場合に、お気遣いはなさらないでくださいと事前に伝えるときもあります。