モーダス 120。 アイアンのシャフトをモーダス120から105にリシャフト!120と105を徹底比較しました

120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

モーダスは当初右に飛ぶことが多く、職人さん曰く「手元~中間の合成が低いので手が先行しすぎるとヘッドが戻りきらないよ。 fa:first-child:not :only-child. シャフトの手元側の粘りにより、タメが作れるゴルファーにとってはインパクトがスムーズです。

13
120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

何にも考えなければ、 重量を落としたいだけなのでSを選ぶところですが、ネットの評判では、 105のSは硬すぎると されていたので、Rも検討する必要がありました。 しかし、上の画像の下側のシャフト、中央付近に矢印が集まっている部分があります。

7
120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

ボールを厚くヒットしても、シャフト先端の仕様がしっかりしているので、芝の抵抗に負ける事無く振り抜けるでしょう。

14
120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

prevent-bg-text-style h3:not. 従来、スチールシャフトと言えばアメリカトゥルーテンパー社のダイナミックゴールドが有名でしたが、体格の良い欧米人向けに作られたシャフトの為、重量がしっかりとしていました。

14
120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

2s ease;-webkit-transition:transform. 120S・・・手元側が軽く感じるせいか実重量より軽く感じます。 important;background-position:center center! 一方でプロや上級者向けに開発されたのが、モーダス3ツアー120です。 モーダス130のセッティングのポイント プロジェクトXとは全然違うしなり方をするので、唯一無二な挙動であることは確かです。

6
120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

アスリート系のアイアンヘッドに相性がいいと思うが、ぶっ飛び系のアイアンと組み合わせても、意外にいいかもしれない。

6
120 モーダス 120 モーダス 120 モーダス

ウェッジはDGのままですが、敢えてのセッティングです。 本来の長尺での硬さを再現するのであれば、番手ずらしして組み上げるのが最適な方法だと思います。 120でデビューしたモーダスシリーズが「日本シャフトは軽量が得意なメーカー」と思わせないように、既に完成していた105よりも先に発売したそうです。