艦 これ 耳かき ss。 【艦これSS】長門「耳かきしてやるぞ」

耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

白露姉さんや夕立とはあんなにじゃれ合ってるのに」カリカリカリ 提督「そ、それはその……お、お前が魅力的過ぎるっていうか……女性として成長し始めてるから配慮しているだけで……」 村雨「うん。

17
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

何でもないですよっ!」 大淀「は、はぁ。 また、来る」 明石「はい! お待ちしています!」 カラーン 明石「………」 明石(提督がここに来たのは久しぶりだなぁ) 大淀「あら、今の提督? 珍しいですね」 明石(久しぶりにお話できて…楽しかったな) 大淀「…明石?」 明石(また来る……か。

1
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

提督に、耳かきしてあげたいって」カキカキ サリッサリッサリッサリッ 提督「で、でも、俺も汚くないようにこまめに掃除してるから」ゾクゾクゾク 村雨「そうね。

12
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

暇な時で良いんだが……駄目か?」 明石「や、やります! やらせてくださいっ!! つ、次の休みにどうですか?」 提督「おう。

12
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

大物来たっ) カッカッ カリッカリッ ズズーッ、カリッ 提督(ここまでは、一人でやっている時と同じ感覚……どう出る古鷹……) カカッ、カカッ グリッ、ググッ グーッ、カリッ 提督(取れそうで取れない……やはり苦戦するか) カリカリッ、カリカリカリッ クリックリッ、カリッカリッ ズッ 提督(おっ?) クリクリクリッ カリュッ、クリュッ ピッ 提督(な、何だこの感じ!? 初めてだ!) クリーッ カリカリーッ コリッコリッ 古鷹「あともう少し……」 ペリンッ 提督(おおおっ!!) 古鷹「ふぅっ……取れましたよ。 扶桑「耳かきを致しましょう」 足柄「耳かきしてあげる!」 名取「み、耳かきを、します!」 天龍「フフフ……耳かきしてやろう」【ウエット型向け】 古鷹「耳かきしましょうか?」 比叡「気合い! 入れて! 耳かきします!」 雲龍「耳かきしてあげる」 間宮「耳かき始めました」 天龍「耳かきしてやる」 龍田「えっ?」【艦これ】 伊勢「耳かきしてあげよっか?」 千歳「耳かきはいかが?」 ポーラ「耳かきしましょうか~?」 【艦これ】ビスマルク「耳かきをするわよ!」 では. でも、なんだか負けた気が ゾクゾクゾクゾク 提督「そ、それにしてもどうしたんだよ。 既に大和型が抜錨している。

11
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

」 長門との引き継ぎも無事終了した いくら人間が変わろうとも前任から受けた暴力や辱めが消えることは無い だから長門も俺に対してなんらかの反応を示すと思ったのだが……さすが長門と言わざるおえなかった 彼女はその昔『艦』として連合艦隊旗艦を務めただけあってどんな物事に対しても冷静沈着だった 長門自身の観察眼のお陰なのか俺がどんな男でどんな指揮をしてきたのか見定めたのか作業が終わる頃には提督として認めると断言してくれた。 如月、離脱します」 天龍「おう。 すみませんすみませんゆるしてください殴らないでください蹴らないでください」ガタガタ 提督「(しまった…)す、すまん!君に怒った訳では無いんだ!こちらこそ済まなかった!」フカブカ 間宮「ぇ…?」 提督「前任がいかに屑だったのかがわかって怒りが顕になっただけだ、すまん」 間宮「そ、そうでしたか…」ビクビク 提督「と、とにかく!俺が着任したからには今の食事状況と食堂はなんとかする!協力してくれるか 間宮」 間宮「…はい」 提督「とりあえず食料の配給に関してはあとで大本営に問い合わせて持ってきてもらうとして 問題はこの食堂の廃墟ぶりをなんとかしなければな」 間宮「基本的にこの鎮守府の補修維持は妖精さんが担当されているのですが前任の行いがあまりに非道なために妖精さんも1人残らずいなくなってしまって……」 提督「そうなのか…それじゃあ直しようがない……ん?」クイクイ 妖精「あなたがあたらしいていとくさんです?」 妖精「はわわ、なかなかかっこいいていとくさんなのです」 妖精「なにかおこまりですか?」 提督「あれ、妖精さんいるじゃないですか」 間宮(…え! 今は誘い込みのために全体に出すべきだろう」 長門「まったく、嫌になるな。

11
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

あの食欲お化け共を黙らせるなんて……」 提督「実際、明日から健康メニューに切り替えと言われたら身構えたくもなるが、あれは本当に美味いからな。 秘書艦業務ご苦労だった。 やっぱりそーだよね」 天津風「じゃなかったら朝まで無茶苦茶キレてた大和さんが、長門さんに呼ばれた後いきなり大人しくなったりしないでしょ」 島風「あれ怖すぎだったし……っと。

13
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

だけど、夕立のように甘えようとすると提督が逃げちゃうから……。 あの、提督は事後処理とか…こんなところにいて大丈夫何ですか……?」 提督「ん? いや、何故か今日は異常に捗ってな。 83 ID:5L0S3bMH0 比叡(しかし、何処から攻めたものか……) スーッ カリッ パリパリ 提督(耳かきが……もう触れた。

9
耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦 耳かき ss これ 艦

今度はきちんと戦利品を見せるからさ。 張り切って仕入れなきゃ…) ーーーー ーー数日後 明石「お待たせしました、提督! 入荷しましたよ!」 提督「うわ、沢山種類があるんだな……」 明石「はい! ワイヤーにスクリューに螺旋にコイル。 来るわ」 武蔵「そうか。

4