スポーツ や ろう よ。 国際ろう者スポーツ委員会:ICSD憲章

や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ

しかし、現在では一般に、医学的背景ではなく、文化的背景で判断される。 1982年(昭和57年)10月16日~17日 18回目を迎えた全国身体障害者スポーツ大会(島根県)で、聴覚障害者バレーボール競技が初めて登場。

や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ

1 準会員は投票権、指名権を持たないが、評議員会に出席し、討議に参加することはできる。

16
や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ

会員の種類 本団体には4種類の会員が所属する:正会員、地域連盟、準会員、及び終身名誉会員 4. 選手7名・役員4名の選手団。 2 ICSDの会計年度の終わりに会計担当は収入と支出、資産と負債についての報告書を用意する。 2 評議員会で出された動議、提案、修正案全てを検討し勧告する。

13
や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ

1 評議員会が行われる月よりも少なくとも4か月以前に 執行委員会の絶対的な裁量によって撤回されなかった場合 ICSDの執行委員会に書面で提出する。 やでの議論にご協力ください。

1
や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ

1 評議員会は正会員の50%が出席した時点で定足数となる。

1
や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ や ろう よ スポーツ

1941年(昭和16年)7月 文部省次官通牒により、全国的規模のスポーツ大会の中止命令が出される。 4 正会員は1票の権利を持ち、最大2人の代表者によって代表されうる。 「車椅子の人が立って、なんとか歩ける場合もある。

15