モンゴメリー クリフト。 モンゴメリー・クリフト ー 名監督たちがこぞって起用した2枚目俳優 ー 20世紀・シネマ・パラダイス

クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

飲酒の上での居眠り運転だったとされている。

3
クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

[1]• 特に気に入ったのはラストでジョン・ウェインと殴り合うシーン。

クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

これらの症状がシラフでもまるで酔っぱらっているかのように見えることもあることから 実際はアル中だったのではなく、病気のせいでそう見えただけではないかとも。 しかし厳密に言えば、モンティが演じた役柄も、モンティ自身も、そこまで反抗的だったのかどうかは疑問である。 このような、外国映画の邦題から日常語になった同じ例として、戦前のフランス映画『』がある(「」参照)。

3
クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

[3]• [1]• 五〇年代前半にはかげりがあらわれ、クリフトの映画も光を失い、彼はすさんだ生活に沈んでゆく。

7
クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

その意味で彼は五十年代の典型なのである。 映画会社MGMの看板スターとなったロバートは「プリティ・ボーイ」と呼ばれ、女優からの相手役依頼が殺到。

8
クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

ノーギャラで出演した『ニュールンベルグ裁判』でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、その後の活躍も期待されましたが1966年、心臓発作で死去しました。

13
クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

[1]• 同年の『』でナチスによって母親と離ればなれにされた事によって、恐怖のあまり人間不信に陥り失語症となった少年を保護した心優しい米兵を演じにノミネート。 キャリアに影がさしたのは、久々の映画出演となる『愛情の花咲く樹』(1957年)の撮影期間中、車の事故に遭ってからである。

10
クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

[1]• 知らなくたって映画は作れるし、だいたい観る人たちがモンゴメリー・クリフトを知らない人たちなんだろうからしょうがないんだろうなと思う。 『去年の夏 突然に』を観ると、弟子が師を超える瞬間を見ているような気持ちになり、少々切なくなる。

クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー クリフト モンゴメリー

『』、『』、『』、『』などは彼が断った作品の一部である。 1931年に10本を超える映画に出演。 撮影後、モンティは1966年7月に心臓発作で亡くなり、映画は死後公開された。

20