正月 しめ飾り。 門松・しめ縄・破魔矢・鏡餅などお正月飾りの片付け・処分方法

しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

・1月7日:東北、関東、九州など多くの地方 ・1月15日: 関西地方を中心としたエリア もともと松の内は、全国的に1月15日までだったのですが、江戸時代に明暦の大火(1657年:明暦3年の旧暦1月18日〜20日)が起きたあと、「燃えやすい松飾りを早く片付けるように」と、幕府が1月7日までとさだめた…という説があります。 年神様が、新しい1年のための幸せや健康、豊作をもたらしてくださるのですから、昨年までの良くないものを全て落とし、まっさらな気持ちでありたいと思うのです。 喪中の場合は、お正月飾りを控えるのが一般的です。

1
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

現在では、七草粥を食べる1月7日までが 松の内と呼ばれることも多いです。

14
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

依り代とは、神様が乗り移るもののことで、年神様は門松の姿を借りて、この世に現れるのです。 飾るのに避けたほうがよい日 事始めの12月13日以降の縁起のいい日に飾り付けをするという場合は問題ありません。

9
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

結界なのでその下をくぐって神域に入る…という考え方です。

3
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

このとき、古くなったお守りやおみくじなども燃やせるので、一緒に持って行くとよいしょう。 そして、半紙で飾りを包みます。 樹皮が黒っぽくて男性的な クロマツが使われます。

6
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

。 鏡餅は1月11日に下ろして鏡開きをしましょう。 松は、冬にも緑を失わない生命力の象徴。

18
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

この「タマモ」を正月に飾ることは、 大漁の年になることへの願いが込められています。

2
しめ飾り 正月 しめ飾り 正月 しめ飾り 正月

それぞれのライフスタイルや価値観に合わせて、気持ちのこもったお正月を迎えましょう。 燃えやすい素材のお正月飾りを長く外に飾り続けることは、火事を招くとし、それまで15日としていた松の内を7日までにしました。 年末にしめ縄としめ飾りの取り換えは以下の流れになります。