愛 で 揺れる 世界 で 僕たち は。 UVERworld Roots 歌詞

僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

奇跡の桜が咲く間しかこの世にいられない航太は、残された時間で芽衣に想いを伝えることができるのか。

2
僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

そんな時だけどずっと音楽は聴き続けていました。 コーチ不在の勇利。 ただ、メロディが多彩でシティポップ調な曲もあれば、弾き語りもあって、飽きさせない。

9
僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

もう自分好みすぎて凄い。 どこにいっても 行き詰まり そして息道理を そのままどっかに 出すくだり そんな劣等も葛藤もみんな持ってる その理由は同じ え? Ah なんでもかんでも欲しがる世界じゃない? また回る世界に飲まれている それも理由は同じ 膨らんだ、妄想、幻想、真相を、いやあれを探してる あれ、なに、わからないよ それ、なに、甘い理想に 落ちる welcome to the dirty night みんな心の中までイカレちまっている welcome to the dirty night そんな世界にみんなで寄り添いあっている welcome to the dirty night みんな心の中から弱って朽ちていく welcome to the dirty night そんな世界だから皆慰めあっている あれ、なに、わからないよ それ、なに、辛い日々に 沈む welcome to the dirty night みんな心の中までイカレちまっている welcome to the dirty night そんな世界にみんなで寄り添いあっている welcome to the dirty night みんな心の中から弱って朽ちていく welcome to the dirty night そんな世界だから皆慰めあっている 愛で 揺れる世界の中で僕達は キスをしあって生きている 揺れる世界の中を僕達は 手を取り合っている なぁ、なんて美しい世界だ 僕ら何度裏切りあっていても まぁ、なんとか手を取り合うんだ まるで恋愛映画のラストシーンのような 「愛で」 靡く世界の中で僕達は キスをしあって生きている 靡く世界の中を僕達は 目を合わせあって生きる welcome to the dirty night みんな心の中までイカレちまっている welcome to the dirty night そんな世界にみんなで寄り添いあっている welcome to the dirty night みんな心の中から弱って朽ちていく welcome to the dirty night そんな世界だから皆慰めあっている. そしてどれも口ずさみたくなる。 そう言えばタイトルのつけ方とか独特なワードチョイスもラッドっぽいとこある。

5
僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

何となく発声の方法がRadwimps 3か4くらいの野田洋次郎を思わせる。

5
僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

それこそ、彼の言う恋愛映画のラストシーンのように。 そして最強の大サビだ。 そこに現れたのは、死んだはずの17歳のままの航太だった。

19
僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

8:30までに千葉某所にある病院にいないといけない、私は埼玉のクソ田舎住みなのに。 さあ、150年前からはじまった、同性愛者という言葉とそれに翻弄されてきた人たちのドラマを、一緒にひもといていきましょう。 1日目の新人にやらせるレベルでは無いくらいそこそこの量の仕事が降りかかってきました。

9
僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる 僕たち で で 愛 世界 は 揺れる

まあ初日なんでね、手こずりますよ、人間だもの。 ドラマみたいな出会いじゃなくたって 僕ら寄り添う理由があった ひとりじゃ広すぎるベッドの上で 無駄に続く長い長い電話じゃ伝えられない言葉があって 今君に会いたい まるで時間が止まったようだった ここに僕らのすべてがあって 窮屈な部屋をお城に見立て 寂しくったって眠れなくたって 共に持ち寄った夢があった 同じ夜が巡る 君が世界のまん中だった その隅っこで僕は生きていた 驚くほどに小さな世界 背伸びしたらはみ出した 狭い世界で気付けば迷子 さびしいときは泣いて欲しかった どこにいても探してあげる 君の声は僕の光 みじめだったって情けなくたって いつもそばには君がいました どれほどに僕は救われたろうか 無駄に続く長い長い電話じゃ伝えきれない思いがあって 今君に伝える 君が世界のまん中だった その隅っこで僕は生きていた 見栄もプライドも全部捨て去って 好きだよって言いたかった 君のいない世界はつまらない 生きてることも無意昧になるんだ あいたままの心の穴に そっと僕は愛をつめた 泣いてくれた 僕の代わり いいよ 次は僕の番だ そして気づく 一人じゃない 今僕は 君が世界のまん中だった その言葉に間違いはなかった 見栄もプライドも全部捨て去って 好きだよって言いたかった ここが世界のまん中だった その隅っこで僕ら生きていた 誰もがきっと旅の途中 今未来を迎えに行く ドラマみたいな出会いじゃなくたって 僕ら寄り添う理由があった やっぱり君に会いたい. 単位を取れ単位を。

14