車輪 の 下。 『車輪の下 (新潮文庫)』(ヘルマン・ヘッセ)の感想(664レビュー)

下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

ハイルナーの存在をこころよく思っていない神学校の校長は成績の落ち込むハンス少年を部屋に呼び入れて、親しげに手を握り、「あのハイルナーとは付き合うな」と持ち掛ける。 休暇で遊びにきていたフライクの姪であるエンマに誘惑されたり、機械工として就職したり……。 校長先生や町の牧師さんのもとでノイローゼ寸前になるまで勉強を重ねたハンスは、さまざまな心配にさいなまれながらも、州の試験を優秀な成績で突破します。

12
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

まずは「車輪の下」のネタバレ込みのストーリーを紹介しよう。 (高橋訳:149ページ) 「ねえ、ぼくには愛人があるんだよ」 学生の指摘は、ハイルナーは最初のシーンでは 「恋人がある」 と言っているのに対し、あとの夢の中では 「愛人がいる」 と言っているが、「恋人」 と 「愛人」 はニュアンスの違いがあるのか、というものでした。

10
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

ハンスは「そうだとわかっていたら」「完全に一番になれたのに」と悔しがりました。 ある日までは純粋に学ぶことが楽しかったのだと思う。

12
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

白水社、1963• ハンスは、勉強以外にほとんど何もしていないし、それどころか、何も見たり感じたりしていないようにすら思えます。

5
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

修道院の設立はのことであり、設立に際しては初のシトー会派であったの後援を受けた。 ハイルナーは病気になり病室に寝かされることになりました。

6
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

本人はあまり学がない。 本作で描かれているそれらは、どんな時代でも、若者にとっては避けられない葛藤でしょう。 ところが実際に高橋訳を学生と一緒に読んでみると、色々問題があることが分かってきました。

下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

しかし、そのために結局は、彼も車輪に潰されることになったのです。 早すぎる彼の破滅がどこから始まっていたのか考えていきます。

10
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

フライク 靴屋の親方で、敬虔主義者。

16
下 車輪 の 下 車輪 の 下 車輪 の

幾晩もシーザーやクセノフォンやいろいろな文法や辞書類、数学の問題などで頭を悩まされ、(…) 実吉訳と岩淵訳を見れば分かるとおり、これは古典的な著作や辞書や数学の問題と格闘した、ということを言っているわけで、別段 「つっぷした」 わけではありません。

14